古本屋店長の<極私的>本棚

古書店店長・国丸のオススメ本ご紹介!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

石田衣良 / 骨音 池袋ウエストゲートパークⅢ

4167174081骨音 池袋ウエストゲートパーク3
石田 衣良

文藝春秋 2004-09-03
売り上げランキング : 2,472
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 石田衣良さんと言えば「池袋ウエストゲートパーク」。シリーズ第3作も主人公・マコトがストリートを舞台に大活躍!

[国丸オススメ度] ☆☆☆☆☆

[対象]
 なにかの小説を軽く読んでスカッとしたい人
 希望のない終わり方が嫌いな人

[国丸式読書ポイント]

 「池袋ウエストゲートパーク」と言えば宮藤官九郎さん脚本のドラマのほうが有名かもしれませんが、その原作小説の第3作になるのが、この小説。

 クドカン脚本は小説よりも軽いノリになっててそれはそれでおもしろいのですが、原作も負けず劣らずすばらしいデキです。

 繰り返しになるかもしれませんが、とにかく石田さんの文章は美しいっ! どうやったらこんな文章が書けるのか、不思議でなりません。

 ところで、この作品はTVシリーズ「池袋ウエストゲートパーク」の2時間特別編「スープの回」に当たります。

 表題作の「骨音」はインディーズ・パンクバンドのお話。他にもレイヴあり、NPOあり、全編ストリートのいまを取り込みつつ、登場人物たちが石田さんの、これしかない!という表現で生き生きと動き回るさまは圧巻です。

 一度は必読

[国丸5秒読書]

 直木賞最終選考に残った一冊だぞ!

 読後感も抜群だ!

 ドラマもだけど、本も読め!

 (・・・これは内容の説明じゃないなf^^;)
スポンサーサイト



  1. 2005/05/26(木) 02:33:22|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kunimarubk.blog11.fc2.com/tb.php/9-613e65c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。